本文へスキップ

103.自分に寄り添う「自分らしさ」の方程式〈2〉

幸せをつかむ魅来塾セミナー バックナンバー






セミナーの内容


恋愛をすると、多くの人が、やってしまうことがありますね
それは、「自爆」(あるいは、それに近いこと)です

自爆することは、いい(一度なら)
ところが、「繰り返す」人たちがいます

なぜ、繰り返してしまうのか?

これは決して、反省が足りないとか
ネガティブ思考だから、といったことではありません
(それは表面的な原因ではありますが)

「体験」したけど、「経験」していないからなのです

「体験」とは
・何かをやること
・知識を得ること

自爆をした
好きな人を怒らせた(イヤな思いをさせた)

距離を置かれてしまった 
感情的になって相手を責めたりすると関係が悪くなると痛感した
  。
  。
これらは全て「体験」です

自爆という痛恨のミスを「体験」すると多くの人は、反省します
申し訳なかったと思います

もうゼッタイに、こんなことはしない、と心に誓います

ところが、人の「抑止力」というのは、持続しませんね
同じような状況(出来事)が起こるとやってしまうのが、人間らしいところもしれません

だからといって、「意思の力」で「抑止」しようとすると
ガマンとストレスで、辛さに耐え続けることになってしまいます

健康的に(?)抑止力を働かせるためには

「体験」で終わらずに
「経験」に変えること

「経験」というのは
体験をした上で「気づき力」によって引き出される産物なのです

「気づき力」を高めるには「3つのポイント」があります
「気づき力」=「体験」×「理由」×「壁」

このセミナーは、人生(恋愛)を劇的に変えたい人たちにオススメします


主な目次
  • 「恋の暗黙知」幸せな恋愛に変える技術

  • 「気づく」は、一瞬。「気づき」は、突然

  • Kさんの実体験から学ぶ「恋の暗黙知」

  • 幸せを手に入れる「気づき力」の高め方

  • 「気づき力」=「体験」×「理由」×「壁」

  • 幸せは「継続動機」が見つかると、観えてくる

  • 「気づき力」を高めるエクササイズ(演習)

  • 「自分との距離」を縮めると幸せが観えてくる


お渡し方法は、PDFファイルのダウンロードとなります