本文へスキップ

91.「寄り添い力」こんな痛恨のミスをしていませんか?【上級編】

幸せをつかむ魅来塾セミナー バックナンバー






セミナーの内容


「相手の目線」に寄り添う
言葉にすれば、当たり前のことなのですが、それがとてもムズカシイ


例えば、
価値観が違うので別れたい(距離を置きたい)
といわれたとします

そんなとき
別れたい理由が
「価値観が違うから」=「相手の目線」だと捉えてしまう人たちが、とても多い


価値観が違うので別れたい(距離を置きたい)

これは「相手が言ったこと」ではありますが
実際に、相手が「話をしたこと」と「伝えたい」と思っていることは、必ずしも同じではありません

実は、「相手の目線(伝えたいこと)」というのは、もっと「深いところ」に隠れているのです


恋愛で行き詰まってしまうのは
やり方が間違っているということの前に
「相手の目線」の捉え方が間違っているためです

このセミナーでは、
上級者でも間違いやすい「相手の目線」の捉え方を学んでいただけます


目次
  • 【ケーススタディー】
    「価値観が違うので別れたい(距離を置きたい・つきあえない)」
     この
    言葉に隠されたメッセージとは?

  • 相手の目線を「読みハズしてしまう」人の共通した「クセ」とは?

  • 恋の大捜査線 ここを封鎖しろ!
    〜事件は、会議室ではなく「ここ」
    で起きている

  • 会話の中で起きる事件の「黒幕」は「ここ」に潜んでいる

  • 恋愛の成功法は、ピカソが教えてくれる

  • 会話は「物語」によって「価値づけ」される

  • なぜ、あの人は、私を恋人にしたいと思わないのか?

  • 「寄り添い力」〜間違えやすいポイントはここ

  • どのように言葉を読み取るかで、魅力の広がりは、圧倒的に変わってくる


お渡し方法は、PDFファイルのダウンロードとなります