本文へスキップ

接点がない人必読!恋のチャンスを逃さない3つの鉄則

無料で学べる片思いが両思いになる恋愛の法則 最近の記事


接点がない人必読!恋のチャンスを逃さない3つの鉄則





片思いをしている人たちは、それぞれ、いろんな悩みを持っているのですが
中でも大きな悩みは「接点が少ない(ない)」ということかもしれないですね

恋愛相談をくださる人たちの話を聴いていると
例外なく、本当に、本当にやさしい心をもっている人たちばかりです

接点さえあれば、魅力は十分にわかってもらえるのにな。。。
と歯がゆい思いをしながら応援しています

満たされない環境(接点が少ない)の中で恋をしなければいけないのがツライところですね

そこで今回は、接点が少ないという人たちのために「チャンス」をテーマにお届けします


接点は少ないより、多い方がいいわけですが
進展する人と、そうでない人の違いは、接点が多いか、少ないかではありません

片思いをしているほとんどの人は「接点が少ない」

そんな中でも
チャンスを「逃さない人」と「逃してしまう人」がいるだけです

チャンスを逃して、悔しい思いをする人には3つの特徴があります


【特徴1】
チャンスを逃す人は、接点を増やすことにエネルギーを注ぐ




いつもチャンス逃してしまう人は、「まとまった時間(接点)」を作ろうとします

接点をどうやって増やすか
どうやって多くの時間を作るか
という考え方をするから

LINEのやりとりを増やさないといけない
LINEじゃ限界があるから、2人で会う時間を増やさないと上手くいかない

だから、2人で会うために、どうやって誘うかという方向に走ってしまうのです

ところが好きな人は、
ボランティアで時間を空けてくれるわけではありませんので、どうしてもムリが出てきますね

チャンスをつかむ人は
接点の「作り方」が上手なのではなく
限られた接点の
「使い方」が上手なのです

接点の「使い方」とは?
これは「特徴2」に続きます


【特徴2】
「飲み会がチャンス」と思っている人はチャンスを逃す




思いがけなく、仲間の飲み会で好きな人と会えることになったとします

飲み会ですから「まとまった時間」です
多くの人は「チャンス」だと考えます

ところが、こんなことが起きてしまいます

2人で話ができるチャンスだと期待して参加したけれど席が離れていたから、あまり話ができなかった

2次会に期待していたら、好きな人は、明日、仕事があるからと帰ってしまった
  。
  。

時間を「増やす」という考えをしている限りチャンスはつかめません

時間を「増やす」のではなく
時間を
「活かす」ことが大事

「活かす」とは、
時間の「使い方が上手になる」ということです

LINEだけが接点という人であれば
LINEという接点で、どう自分の魅力を伝えるのか

思いがけなく、飲み会という接点があったなら

その日を「待つ」のではなく
「待機」することが大事

「待つ」と「待機」は、「待ち方」の次元が違います


「待つ」とは

飲み会で会える!とワクワクしながら、ただ、時間を過ごすことです

(もちろん、ワクワクはいいのですが)

「待機」とは
ボンヤリ時間が過ぎるのを待つのではなく、当日までに「前準備」をして時間を過ごすことです


飲み会で話が盛り上がるかどうか
その後に続くかどうかは
「当日」ではなく、すでに「前日までの時間の使い方」で決まっています

これについては、この記事を読んでみてください

デートが成功するか、続くかどうかは、前日で決まる、どうして?

せっかくの飲み会なのだから
(2人で会えるのだから)
こんなはずじゃなかったのに。。。と残念な結果にならないようにしよう


【特徴3】
情報は、増やすことより、「活かす」とチャンスをつかめる




相手のことがわからないから、仲良くなれない
という壁は、大きいわけですが

わからない大きな原因は、「情報が少ない」からではなく
(それも原因の一つではありますが)情報を
「活かせていない」 ことなのです

中には、
いろいろ聞いてみると
相手の趣味や、好きなこと、仕事のことなど、
「プロフィール情報」は、とてもよく知っている人がいます

ところが、もったいないことに
「プロファイリング」ができていないのです

プロファイリングとは、
プロフィール情報を集めることではなく
集めた情報から
「人物像」をイメージすること

恋愛というのは、趣味や出身校のつながりではなく「人」のつながりです
趣味、共通の話題というのは、きっかけにすぎません

今からすぐにやっておきたい前準備とは?

これからは、好きな人の趣味や出身校、仕事の内容といった表面的な情報を増やすことより
好きな人のモノの考え方や、価値観など
「人物」にフォーカスした情報に「変換する」ことにエネルギーを注ごう

そうすると、好きな人の「求めていること」が見えてきます

接点は、少ないより、多い方が良いですが、多いから距離が縮まるわけではありません

接点が少なくても
「プロファイリング力」をもった人の方が強いのです

そのためにどんなことをしたらいいのか
プロファイリング力を持った人は、どんなことをしているのか?

これについては、以前、魅来塾で集中講座をやりました
興味があれば読んでみてください





好きな人があなたに対して抱いている4つの心理的な壁とは?


頑張っても思うようにいかない
それは、頑張り方が
「自分の目線」になっているからです


今までのことを振り返ってみて下さい

どうやったら距離が縮まるか
どうやったら2人で食事ができるか
ということに、思いっきりエネルギーを注いでいませんでしたか?

恋愛は、相手の目線で考える

買い物をするときのことを想像してみて下さい

目の前の商品に対して、何らかの
不安を感じているときは、
どれだけ積極的に売り込まれても、人は、買うという行動は起こしませんね

売り込まれれば、売り込まれるほど、そのお店には近づかないようにしようと思う
実は、恋愛も同じなのです

よく、
距離を置かれている感じがします
避けられているみたいです

という展開になる話を聴くことがありますが
これは、好きな人の中で
不安がくすぶっているときに起こる自己防衛反応なのです

大事なポイントは、あなたとの関わりの中で
「不安」を感じない状況を作ってあげること

好きな人は、あなたに対して段階的に
「4つの心理的な壁」を作っている
ということをご存知でしたか?

この
「4つの壁」を取り除いてあげることが、不安を感じない状況を作ってあげることなのです

その
「4つの壁」とはなにか?
これについて興味があれば、ぜひこのセミナーを読んでみて下さい

これがわかれば、幸せへの突破口が見つかります





片思いが長いからという理由で、あきらめないでください

友だちからは、脈はないといわれ、
1年、3年、5年。。。
辛く長い片思いをしていた人たちが、どうして奇跡を起こせたのか?

その理由がここにあります

辛い恋愛から奇跡の逆転劇が起こる「ポジショニング」とは!
距離を縮めたい。好きな人にやってあげないといけないこととは?


どんな悩みをお持ちですか? ズバリ解決法がわかります


どうして好きな人は恋愛対象として見てくれないのか?
不安に耐える辛い恋愛ばかりしてしまう、どうしたらいい?
あきらめたくないけど、もうダメなんだろうか?
好きになると上手くいかなくなる、自信をもって恋をするためには?
頑張っているのに距離が縮まらない、どうしたらいい?
出会い、交際から3ヶ月〜6ヶ月、しくじりやすいポイントはココ!
長い片思い、どうしていつも上手くいかないの?