本文へスキップ

なぜ接し方を変えても、好きな人から「警戒されたまま」なのか?

無料で学べる片思いが両思いになる恋愛の法則 最近の記事


なぜ接し方を変えても、好きな人から「警戒されたまま」なのか?




よく、
最近、好きな人から避けられている感じがします
LINEを送ってもそっけない感じがします

食事に誘っても、いつも都合が悪いといわれます
職場で話しかけても、目を合わせてくれません

警戒されているんでしょうか
という人がいます

告白したとか
一方的にアプローチしたとか

好意を持っていることに気づかれたとか
尽くしすぎて重いといわれたとか

ある出来事がきっかけで、好きな人の反応、態度がガラッと変わってしまうことがありますね

こんなとき、どうしますか?

警戒心を解いてもらうために「ゼッタイにハズしてはいけないこと」があります
今日はそんな話です


多くの人は、
好きな人の警戒心を解く(安心感を持ってもらう)ために
「やり方(接し方)」をどうするか、というところから入ろうとします

ところが、これでは、なかなか上手くいきません

ネット検索をしてみてください
「やり方」は、すぐに見つかるはずです

口説かない
アピールしすぎない
誠心誠意、謝る

恋愛感情を出さない
しばらく距離を置く(連絡をしない)

ガツガツしないで、時間をかけて仲良くなるようにする

LINEを送りすぎない
相手から返事が来ないうちに、何度も送らない
   。
   。
「やり方」としては、全くその通りです
間違っていないと僕は思う


なぜ、接し方を変えても、警戒されたままになってしまうのか?



実はもうひとつ大切なことが「ヌケ落ちている」からです
相手の目線に寄り添えていないのです

人は、
自分に対して、相手がどんな話をしたか
どんな態度で接しているのか

という「やり方」ではなく
最終的には
「垣間見えるもの」を信じようとするからです

これが
人を信じるかどうかを判断するときの
相手の目線です

「垣間見えるもの」とは
その人の「心の中」が、態度、しぐさに表れて、見え隠れするもののことなんですね


例えば
あるお店で営業マンが笑顔でこう言ったとします

お客さまの幸せが、私たちの喜びです!
誠心誠意、真心をもって幸せを応援します!

(あるいは店内にポスターが貼られていたとします)

ところが
その営業マンの目が、なんとなくギラギラしていたら、売り込まれそうで警戒しますよね

会話の中で一瞬見せた
「ギラギラ」
「どうやって売り込もうか」という
「心の中(本音)」「垣間見えて」

その結果、
この人は親切に接客してくれているみたいだけど、気をつけないとマズイぞ
となって
「警戒する」

だから
買う気はあっても、営業マンの売り込みをかわすために

いや、今日は見に来ただけだから
まだすぐには買う予定はない
「距離を置こうとする」わけです


頭の中で考えていることは、必ず、態度、しぐさ、表情に表れる

とくに恋愛では「完全犯罪(?)」は、とても難しいのです



だから、
距離を縮めることで頭の中がイッパイになっている人が
「やり方」だけ、距離を置いて連絡をしないようにしても上手くはいきません

しばらく連絡をしないようにしていたら、また、以前のように話ができるようになった
LINEのやりとりもできるようになった

今度こそ、イイカンジかもと思って食事に誘ったら、また、避けられてしまった
というようなことが起こってしまう

自分もまた、連絡することをガマンし、連絡しないことでの不安に耐える
そんな辛い恋愛に自分を追い込んでしまいますね

もちろん、今日の話は「やり方」はどうでもいい、という意味ではありません

安心感=「やり方」×「垣間見えるもの」

ネットで調べて「やり方」だけ完璧に演じても(相手の目線に寄り添っているように見せかけても)

「心のあり方」が変わっていなければ
「警戒心のリバウンド」を起こしてしまいますよ
ということです


警戒心のリバウンドを起こさないために大事なこととは?

警戒されることになった
「根本の原因」を踏まえ、きっちりと修正することです

まずは、そのために押さえて置いて欲しいことがあります

買い物をするときのことを想像してみて下さい
目の前の商品に対して、何らかの
不安
を感じているとき、人は、買うという行動は起こしませんね

実は、恋愛も同じなのです
警戒というのは、好きな人の中で
不安がくすぶっているときに起こる自己防衛反応

だから、あなたとの関わりの中で
「不安」を感じない状況を作ってあげることです

好きな人は、あなたに対して段階的に
「4つの心理的な壁」を作っている
ということをご存知でしたか?

この
「4つの壁」を取り除いてあげることが、不安を感じない状況を作ってあげることなのです

その
「4つの壁」とはなにか?
これについて興味があれば、ぜひこのセミナーを読んでみて下さい

これがわかれば、幸せへの突破口が見つかります





辛さに耐え続ける恋愛から、心穏やかな恋愛に変わります


恋愛をしている人たちが居場所にしているところが2つあります

心穏やかで奇跡の起こりやすい場所
「ブルーオーシャン」

好きな人の反応や、LINEの既読、未読に振り回され、辛さや不安に耐え続ける場所
レッドオーシャン

恋愛相談をくださる99%は
もっとも辛い恋愛になりやすいレッドオーシャンで頑張っている

という驚愕の事実があります

頑張る量は、ブルーオーシャンにいる人も
レッドオーシャンにいる人も、ほとんど変わりありません

決して、レッドの人たちがサボっているわけではないのです

どうしたら辛いだけのレッドオーシャンから脱出できるのか?

実は、多くの人たちが、気づかずにやってしまっていることがあります
そこがわかれば、誰もが奇跡の多発地帯
ブルーオーシャンへ行くことができるのです

長い間、辛さに耐え、片思いをしていた人たちが、なぜ、
レッドオーシャンから抜け出せたのか?
もし、興味があれば、ぜひ、このセミナーを読んでみて下さい





片思いが長いからという理由で、あきらめないでください

友だちからは、脈はないといわれ、
1年、3年、5年。。。
辛く長い片思いをしていた人たちが、どうして奇跡を起こせたのか?

その理由がここにあります


辛い恋愛から奇跡の逆転劇が起こる「ポジショニング」とは!
距離を縮めたい。好きな人にやってあげないといけないこととは?


どんな悩みをお持ちですか? ズバリ解決法がわかります


どうして好きな人は恋愛対象として見てくれないのか?
不安に耐える辛い恋愛ばかりしてしまう、どうしたらいい?
あきらめたくないけど、もうダメなんだろうか?
好きになると上手くいかなくなる、自信をもって恋をするためには?
頑張っているのに距離が縮まらない、どうしたらいい?
出会い、交際から3ヶ月〜6ヶ月、しくじりやすいポイントはココ!
長い片思い、どうしていつも上手くいかないの?