本文へスキップ

好きな人に嫌われる行動をしてしまう2つの時期と解決法

「好きな人と幸せになる」この夢を叶える15のアクション


好きな人に嫌われる行動をしてしまう2つの時期と解決法




今までたくさんの人たちを応援してきましたが

出会いのきっかけが、合コンでも、出会いサイトでも、職場でも
出会った日から、嫌われていました

という人は、まずいません

最初は、仲良くできていたにも拘らず
ある出来事が引き金になって雲行きが怪しくなる

はっきりと避けられたとわかるような状況になってしまう

その「ある出来事」の一番多いのは自爆です

恋愛に不安はつきものですね

好きな人の行動や反応に振り回されて
気持ちが不安定になってしまい衝動的に行動してしまうわけですね

その自爆、
出合い頭の事故のようなイメージがありますが
「自爆しやすい時期」というのがあるんですね

そこのポイントを抑えておくだけでも、自爆はかなり減ります
それだけ恋愛が上手くいく可能性も高まります

では、自爆しやすい時期とはいつか?

・出会ってから3ヶ月〜半年
・自爆してから3ヶ月〜半年


ここが一番、アブナイ




【出会ってから3ヶ月〜半年】

この時期というのは

・不安妄想型
・ギャンブル型

2つのグループにわかれます

出会いのきっかけが、ネットや合コンの場合
お互いに相手を探している、という条件がそろっていますので
ツボにはまると、勢いで一気に仲良くなりやすい

中には、
毎日のようにLINEでやりとりをしたり
「今度、会おうよ」という話になって、上昇気流に乗るわけですね

ただ、
勢いに乗って一気にブレイクする恋愛は、停滞期を感じるのも早い

出会いから3ヶ月もすると、お互いに共通の話題は出し尽くしてしまうわけです

毎日だったLINEの頻度も減って
やりとりする話題もなくなって、あっさりした感じになる

そうしたときに、「これはヤバイぞ」と不安になってくるわけですね

ただ、もともとメール不精な人だっている

そういう人にとっては
毎日、やりとりすることが異常なのであって、そっけないのが普通だったりするわけです

ところが、ブレイクしていた頃の盛り上がりを経験してしまうと

・毎日やりとりすること
・すぐ返信があることが

「標準」になりますね

それを基準にすると、
普通の関わり方に落ち着いた状態が「ヤバイぞ」になってしまうわけですね

一時は、もうすぐ恋人になれるかもと期待をしていただけにドンドン不安になってくる

それでもなんとか自爆だけはしないように、数ヶ月は踏ん張っているわけですが
辛さに耐えきれなくなって、好きな人に不安をぶつけてしまう

というのが
【不安妄想型】です

一方、
出会ってからブレイクすることなく、下積み(?)の時期が続くという人たちもいます

そういう人たちの場合
自分としては、一所懸命、頑張っているけれど上手く行かない

全く状況が変わらないことに耐えられなくなると
恋愛の流れを変えようと、玉砕覚悟の行動をしてしまう

というのが
【ギャンブル型】

一か八かの告白、などがそうですね

この場合は、告白を受け入れてもらうことよりも
自分の気持ちをわかってもらいたい

という気持ちの方が強かったりますね

【不安妄想型】【ギャンブル型】
いずれも出会ってから
「3ヶ月〜半年」がひとつの山です

これについては、この記事でも詳しく取り上げていますので読んでみてください

恋愛で難しいのは「進展し続ける」こと。3ヶ月から半年が分岐点に!


【自爆してから3ヶ月〜半年】



多くの人は、自爆すると「やっちまった!」と我に返りますね
そこで反省する
もう二度と自爆しないぞと心に誓う

そういう気持ちで接していると
(それまでの状況にもよりますが)

一旦、離れてしまった距離が、再び、縮まってきたと思えるようになります

警戒していた好きな人の態度が変わり、LINEのやりとりができるようになった
実は、このときが要注意です

一時はマイナスだった状況が上向いてくると、どうしても欲がでますね

ここがチャンスとばかりに、距離を縮めたいという気持ちが顔をだしてしまう

中には
大好きな人が、再び、距離が縮めてくれたことで
「好き」という自分の気持ちに応えてくれようとしているのかもしれない
という解釈をしてしまう人もいる

2人の関係の修復しかけが一番、アブナイ
二度目の自爆をしてしまいやすいのです

ただ、これを意識していても、二度目の自爆をしてしまう人が多いのは
「恋の脇見運転現象」という厄介なことが1つあるからなのです

これについては、この記事を読んでみてください
「え?なんで??」という予想外の自爆をしないようになります

その告白待った!2回目の告白失敗、痛恨の勘違いはなぜ起こるのか?

2度としくじらないために大事なことがあります

多くの人たちは、程度は違っても、
1度はしくじりを経験したことがあるのではないかと思います

同じしくじりを繰り返さないために、押さえておいて欲しいことがあります

恋愛のしくじりの
根本の原因は1つだけ
自分の目線で恋愛をしているからです

今までのことを振り返ってみて下さい

どうやったら距離が縮まるか
どうやったら2人で食事ができるか
ということに、思いっきりエネルギーを注いでいませんでしたか?

恋愛は、相手の目線で考える

買い物をするときのことを想像してみて下さい

目の前の商品に対して、何らかの
不安を感じているときは、
どれだけ積極的に売り込まれても、人は、買うという行動は起こしませんね

売り込まれれば、売り込まれるほど、そのお店には近づかないようにしようと思う
実は、恋愛も同じなのです

よく、
距離を置かれている感じがします
避けられているみたいです

という展開になる話を聴くことがありますが
これは、好きな人の中で
不安がくすぶっているときに起こる自己防衛反応なのです

大事なポイントは、あなたとの関わりの中で
「不安」を感じない状況を作ってあげること

好きな人は、あなたに対して段階的に
「4つの心理的な壁」を作っている
ということをご存知でしたか?

この
「4つの壁」を取り除いてあげることが、不安を感じない状況を作ってあげることなのです

その
「4つの壁」とはなにか?
これについて興味があれば、ぜひこのセミナーを読んでみて下さい

これがわかれば、幸せへの突破口が見つかります





辛さに耐え続ける恋愛から、心穏やかな恋愛に変わります


恋愛をしている人たちが居場所にしているところが2つあります

心穏やかで奇跡の起こりやすい場所
「ブルーオーシャン」

好きな人の反応や、LINEの既読、未読に振り回され、辛さや不安に耐え続ける場所
レッドオーシャン

恋愛相談をくださる99%は
もっとも辛い恋愛になりやすいレッドオーシャンで頑張っている

という驚愕の事実があります

頑張る量は、ブルーオーシャンにいる人も
レッドオーシャンにいる人も、ほとんど変わりありません

決して、レッドの人たちがサボっているわけではないのです

どうしたら辛いだけのレッドオーシャンから脱出できるのか?

実は、多くの人たちが、気づかずにやってしまっていることがあります
そこがわかれば、誰もが奇跡の多発地帯
ブルーオーシャンへ行くことができるのです

長い間、辛さに耐え、片思いをしていた人たちが、なぜ、
レッドオーシャンから抜け出せたのか?
もし、興味があれば、ぜひ、このセミナーを読んでみて下さい





片思いが長いからという理由で、あきらめないでください

友だちからは、脈はないといわれ、
1年、3年、5年。。。
辛く長い片思いをしていた人たちが、どうして奇跡を起こせたのか?

その理由がここにあります


辛い片思いから奇跡の逆転劇が起こる「ポジショニング」とは!
距離を縮めたい。好きな人にやってあげないといけないこととは?


どんな悩みをお持ちですか? ズバリ解決法がわかります


どうして好きな人は恋愛対象として見てくれないのか?
不安に耐える辛い恋愛ばかりしてしまう、どうしたらいい?
あきらめたくないけど、もうダメなんだろうか?
好きになると上手くいかなくなる、自信をもって恋をするためには?
頑張っているのに距離が縮まらない、どうしたらいい?
出会い、交際から3ヶ月〜6ヶ月、しくじりやすいポイントはココ!
長い片思い、どうしていつも上手くいかないの?