本文へスキップ

恋愛で勘違いをしてしまう人は、どこを見て判断しているのか?

あきらめかけていた恋が大きく動く方程式!


恋愛で勘違いをしてしまう人は、どこを見て判断しているのか?




告好意を持ってくれていると信じ、勇気をだして告白

ところが、
好きな人から返ってきた言葉は、「ごめん、友達としてしかみられない」だった
という話を聞くことがあります

どうして勘違いが生まれてしまうのか?
というのが今日のテーマです

勘違いとは
2人のコミュニケーションの中で生まれる温度差ですので
勘違いをした自分だけではなく、勘違いをさせてしまう相手にも原因があるのですが

今回は、「自分」にフォーカスしてお届けします

恋愛で勘違いをしてしまいやすい人には、共通点がある

多くの人は

●好きな人が自分に対して、どんなことをしてくれたか(してくれているか)

これで、自分の「立ち位置(どう思われているか)」を判断しているかと思います


ただ、
自分に対して○○してくれる
これは、判断基準が
「自分の目線」

とても
勘違いを起こしやすい判断基準なのです


もちろん、好きな人がやさしくしてくれているのか、そうでないのか
という判断そのものが間違っているのではありません

ただ、
相手が○○してくれるという
「自分の目線」での判断法というのは
過大評価してしまいやすい

というところが、厄介なところかもしれません

例えば
やさしくしてくれた
という、うれしい出来事があったとします

そうすると、人は、心理的に(無意識に)

他の行動についても、自分にとって都合の良いことがらをくっつけて
「都合の良い解釈」をしてしまいやすいのです

何度も目が合った
以前、何気なく話したことを覚えていてくれた
仲間といるときと、自分と2人でいるときでは雰囲気が違う
  。
  。
1つ1つを単体でみれば、勘違いしなくても

いろんなことを、くっつけていくと
ドンドンと自分の中で、プラスのイメージが膨らんでいきます

これを
「勘違いの連鎖」といいます

(というか、勝手に、僕がそういっているだけですが)

勘違いをしないための判断法とは



自分に対して○○してくれる、という「自分の目線」ではなく、

相手に対して、
どんなことをしてあげることができたか
それによって、どれだけ好きな人が笑顔を見せてくれたか

という
「相手の目線」を判断基準の「軸足」にすることです


これは、
自分にしてくれたことを判断基準にしてはいけない、という意味ではありません

「自分の目線」を「軸足にして判断」すると、勘違いを起こしやすいから
軸足は「相手の目線」に置いておくことですよ

ということなのです

ここでひとつ大事な話をします

今、
相手の目線という話をしましたが
好きな人と、あなたに
「関心事のギャップ」があることをご存知ですか?

このギャップに気づかないで、アピールしても、相手に魅力は伝わりません

アピールというと、
自分に興味を持ってもらおうと

自分の得意なことを伝えたり
好きな人を褒めたり
相手の目を見て、笑顔で話したりすることだと思っている人がいます

でも、それは、相手の目線からはかなりハズレているのです

アピールは
好きな人の関心事(相手の目線)に向けて発信すること
これに尽きます


アピールについては、以前、魅来塾で集中講座をやりました
興味があれば、ぜひこのセミナーを読んでみて下さい

アピール力を高めると、思いが好きな人の心に届くようになります
結果として、勘違いもなくなります





片思いが長いからという理由で、あきらめないでください

友だちからは、脈はないといわれ、
1年、3年、5年。。。
辛く長い片思いをしていた人たちが、どうして奇跡を起こせたのか?

その理由がここにあります

辛い恋愛から奇跡の逆転劇が起こる「ポジショニング」とは!


辛さに耐え続ける恋愛から、心穏やかな恋愛に変わります


好きな人の反応に一喜一憂し、
相手に嫌われないようにと顔色をみて
ガマンや辛さに耐えながら。。。

それだけ頑張っていても、思うようにいかないことで苦しくなる
そんな恋愛をしていませんか?

今までたくさんの人たちを応援してきて、ハッキリいえることがあります

不安と辛さに耐えながら頑張っていたら、恋が実りましたという話は
ありそうで、実は、ほとんどないのです

恋愛相談をくださる99%は、もっとも「辛い恋愛」になりやすい
「レッドオーシャン」という世界で必死に頑張っている

という「驚愕の事実」があります

そんなレッドオーシャンの恋愛をやめて
心穏やかな
「ブルーオーシャン」で恋をする決意ができたなら

奇跡を起こすことは、決して、夢物語ではない
とても身近な出来事になってくる

そう確信しています

長い間、辛さに耐え、片思いをしていた人たちが、どうして奇跡を起こせたのか?
もし、興味があれば、ぜひ、このセミナーを読んでみて下さい





関連記事


恋愛対象外が、恋愛対象に逆転するアプローチ修正は2つだけでいい
恋愛アプローチの判断を狂わせる「集団心理」に気をつけろ!
「好きな人ジャーニー」なぜ、恋愛対象として見られないのか?
友達以上恋人未満、原因は「相手の目線」をハズしていたからだった!
片思いから両思いになる奇跡を起こすには「根本原因」を取りのぞけ!
好きな人との距離が縮まる人は、アプローチの解釈が相手の目線になっている
恋愛で難しいのは「進展し続ける」こと。3ヶ月から半年が分岐点に!
デートが成功するか、続くかどうかは、前日で決まる、どうして?
出会った直後、友だちから恋人まで、アプローチポイントの違いとは
好きな人に嫌われる行動をしてしまう2つの時期と解決法
あの人からLINEの返事が来ないのは、本当に時間がないからなのか?
惚れたら負けではツライ「惚れても負けない」恋になるアピール力とは?
なぜ、好きな人の気持ちに寄り添っているのに裏目に出てしまうのか?


あきらめかけていた恋が大きく動く方程式! リスト


「今度こそ」と思い始めたら、ひと呼吸おいて行動しよう
苦しい片思いから抜け出す!この2択問題、解けますよね?
恋愛で勘違いをしてしまう人は、どこを見て判断しているのか?
片思いは「攻め時」より「引き時」がわかると抜け出せる
次のデートが続かない人、2回、3回と続く人はどこが違うか?
恋愛は限界を感じたときからが本番
「挽回力」撃沈した後のフォロースピードが大事 
「テンパらない力」は、恋愛で悔やまれる失敗をしない技術 
最悪な状況だから、可能性が低いと思っている君へ 
恋のかさぶたは、急いでかきむしると自爆する 
片思いに駆け引きは逆効果だと考えよう 
素敵な自分を見せようとすれば、するほど、好きな人の心はつかめない 
恋愛本に振り回されないようにしよう 
恋愛テクニックのコワイところは、依存と効果が薄れていくこと 
恋愛はマイナス思考を止めるより強みにする人が上手くいく 
「あきらめない力=恋愛体力」は後退したときに鍛えられる 
あきらめようか、もう少し頑張ろうか迷っている君へ 
君の強みは、振られた数だけ立ち上がったシブトサ 
大切なのは、奇跡という結果ではない。軌跡というプロセス